• ホーム
  • 話題の禁煙セラピーの効果とは

話題の禁煙セラピーの効果とは

2020年05月21日

禁煙には様々な方法がありますが、中には我慢を強いられるものも多く、結局は長続きせずにまたタバコを吸ってしまい、自己嫌悪の気持ちに悩まされるということも多くあります。
そんな人たちにとって救いの手となるのが、読むだけで効果のある禁煙方法として有名な禁煙セラピーです。

禁煙セラピーは著者自身が毎日タバコを数箱も吸っていたチェーンスモーカーでした。
意識を変えることで禁煙に成功し、タバコを吸いたいとすらも思わなくなったという経験から、無理や我慢をするのではなく意識を変えることで禁煙をするということを目的とし、自身の経験を元にその意識変革の方法を本にまとめたものです。

他の禁煙本のようにタバコの悪い点を並べてすぐに止めるべきだと脅したり、食事や呼吸法などの方法で禁煙を目指すといった形ではなく、読み進めることでだんだんと喫煙に対する意識が変わり、最終的にはタバコを吸いたいとも思わなくなるという効果が期待できます。
他の禁煙方法を試したり、様々な禁煙本を読み漁っていてもなかなか喫煙を止められなかった人が、禁煙セラピーを読むことですっぱりと禁煙することができたという例が多くあり、そうした禁煙成功者がテレビやネットなどで紹介したことで人気に火がついて爆発的なベストセラーとなりました。

本の冒頭でタバコを吸いながら読み進めてくださいと勧めているように、禁煙セラピーの最大の特徴はいきなりタバコを止めるのではなく、本書を通して喫煙者の意識を変革していくところにあります。
方法論や精神論などはほとんど語られず、タバコが身体に及ぼす影響やなぜそれに依存してしまうのかということを淡々と述べていき、本当にこのままでいいのかと問題を投げかけてきます。

タバコを吸いながら読み進めてくださいといって始まる本書の最後は、これから最後の一本を吸ってタバコとの縁をすっぱり切りましょうという形で締めくくられます。
この時点では既に喫煙に対する欲求がほとんどなくなっていると成功者は語ります。

実際に禁煙に成功した人の割合

禁煙セラピーは読むだけで効果のある禁煙方法として多くのメディアで取り上げられ、禁煙本としては異例のベストセラーとなりました。
元々は著者の母国であるアメリカで発行されたものですが、様々な言語に翻訳され、世界中でブームを巻き起こしました。

禁煙セラピーを読むことで禁煙に成功した禁煙成功者の割合については、世界中で様々な研究機関や第三者機関、医療雑誌などで調査が行われており、調査結果によると1年後の禁煙成功率は75.8%と言われています。
これは他の禁煙法に比べると極めて高い数字であり、その効果の高さが数字としてもはっきりと表れているのです。
また、禁煙セラピーは地域によっては途中で自分に合わないと感じた人には返金制度による保証を行っています。
この返金制度に基づいて成功率を算出すると、返金制度を利用せず、実際に最後まで読み進めて禁煙セラピーの内容を実行した人の成功率は90%以上にもなります。

ここまで多くの禁煙成功者を生み出した禁煙セラピーのメソッドの最大の特徴は、タバコを我慢するのではなく、タバコや喫煙に対する喫煙者の意識そのものを改革するという点にあります。
単にタバコの健康や周囲の人への影響、喫煙者への社会の目などを並び立てて禁煙を強要するのではなく、なぜ人はタバコに依存してしまうのか、タバコへの依存が自分自身の人生にどう影響するのかを分かりやすく説明した上で、タバコに囚われる人生からの脱却を促してくれるのです。

徐々に読み進めることで少しずつ意識が変わっていき、我慢するのではなく、タバコという足枷から自由になるのだと思えることで、自分の中の喫煙に対する考え方が変わります。
そのため、読むだけで禁煙ができる禁煙セラピーは、高い成功率を誇る禁煙方法です。